03-6709-0888 お問い合わせ

コラム | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

相談票のダウンロード
コラム画像

コラム詳細

ご祝儀や親から結婚生活のためにもらったお金は財産分与の対象?

子どもが結婚した場合、「今後の2人の生活のために」ということで、子ども夫婦に多額のお金(100万円以上など)を渡す親がいます。
しかし、これには注意が必要です。

例えば、このような場合を考えて下さい。
1月に子どもが結婚したので、ご祝儀や2人の生活のためという意味で、200万円を子どもの妻(又は夫)に渡しました。
しかし、そのわずか半年後に、妻(又は夫)が不貞行為を行ったため、別れることになりました。
この場合、親は200万円を帰してもらえるのでしょうか?また、不貞行為を行った妻(又は夫)ではなく、自分の子に渡すことはできるのでしょうか?

いわゆる「ご祝儀」は、一般的に特有財産(財産分与の対象から外される財産)にはなりません。
ご祝儀以外にも、「2人の生活のために」として渡された金銭は、よほどの事情がない限り、財産分与の対象とされかねません。
したがって、上記のような場合は、100万円を不貞行為を行った妻(又は夫)に財産分与として渡される可能性が高いのです。

このような結論には、納得されない親御さんもおられるのではないでしょうか。

このような結論を避けるためには、あくまでも自分の子に対する贈与であることをはっきりさせておく必要があります。
例えば、自分の子ではなく、その妻(又は夫)の口座に振り込むようなことはしない、夫婦が生活費として使っている口座に振り込まず、別途口座を作ってそこに入れる、などです。
これだけで完全に財産分与の対象となることを防げる、というわけではありませんが、少しでも夫婦の共有財産ではない、ということを明らかにしておく必要があります。

お悩みの方は、ぜひご相談下さい。

その他のコラム

婚姻費用の請求はお早めに!

別居した後、収入が少ない方は、多い方に対し、婚姻費用を請求することができます。 その額は、概ね家庭裁判所が出している「養育費・婚姻費用算定表」で決まります。 簡単に申し上げれば、両者の収入で決まるのが基本です。 理論上は、別居時から婚姻費用は請求することができます。 しかし、現在の東京家庭裁判所の実務では、「婚姻費用分担調停を申し立てた月から」認めるのが一般的です。 例えば、4月...

詳しく見る

離婚を希望しないときも弁護士に依頼すべきか?

ご相談者の方の中には、「相手から離婚を請求されているけれど、自分としては離婚は希望せず、夫婦関係を修復したいと思っています」という方もいらっしゃいます。 このときに、弁護士に依頼する必要はあるのでしょうか。 弁護士によって意見が異なるかもしれませんが、私はあると思います。 確かに、弁護士に依頼したとしても、相手の心を変えさせることはできません。 相手の気持ちが変わらなければ、結局は...

詳しく見る

養育費・婚姻費用算定表の改定

先日、最高裁より、養育費・婚姻費用算定表の改定が発表されました。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111201054&g=soc 12月23日に発表される予定です。 現在、実務上、養育費及び婚姻費用を算定する上で、この算定表は非常に重要な指針となっていますので、 この改定が実務に与える影響はかなり大きいと思われます。 現時点で、改定され...

詳しく見る

意外と複雑な財産分与

財産分与は、基本的に「婚姻期間中に夫婦で築いた財産を2分の1ずつ分ける」ということになります。 こう聞くと、「離婚のときの財産を2分の1にすればいいのね。」と単純に思われるかもしれません。 しかし、これが結構複雑な問題を起こすことが多々あります。 以下、どのような問題が起こるか、いくつか例示をしたいと思います。 ①基準時は別居時 財産分与を行う際の「夫婦で有していた財産」の基準時...

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする