03-6709-0888 お問い合わせ

解決事例 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

解決事例画像

解決事例詳細

不貞行為発覚後の過剰請求に、粘り強く対処。

ご相談前

不貞行為が発覚し、相手方から別居を要求され、その際に無理難題な要求や、高額な婚姻費用などの条件が多数なされました。また、妻から不貞相手に対する慰謝料請求、不貞相手からご相談者様に対する求償請求及び慰謝料請求なども行われ、問題が山積している状況でした。

ご相談後

粘り強く交渉を行った結果、相手方の当初の無理な要求を退け、その後離婚調停を行い、当初相手方が離婚に対して消極的で、離婚成立のために過剰な財産分与を求められている状況でしたが、財産分与は通常の2分の1に多少上乗せした程度に収まり、無事離婚が成立しました。また、不貞相手からの求償権及び慰謝料として500万円を請求されましたが、20分の1以下に抑えることができました。

弁護士からのコメント

不貞行為を行ってしまった有責配偶者となってしまう場合、一般的には離婚は困難になります。相手方がこちらの弱みにつけ込み、過剰な要求がなされることも少なくありません。そのような状況で、ご相談者様の納得の行く条件で離婚が成立したことは良かったと思います。また、求償請求に対しても、ご相談者様の負担を少なくすることができました。

その他の解決事例

不貞慰謝料の負担を100分の1に

ご依頼者様は、結婚している人と不倫関係になってしまい、不倫された配偶者から慰謝料請求されていました。訴訟が提起されてしまった後にご相談に来られました。 請求額は200万円を超えるものでした。 かなり精神的に参ってしまっているようでした。

詳しく見る

納得がいかなかった示談書の効力を争い、減額に成功。

ご相談者様は、不貞行為を行ってしまったことが相手の女性の夫に発覚してしまい、その夫から示談書を突きつけられ、高額な示談書にサインをしてしまいましたが、それに納得がいかず、ご相談にいらっしゃいました。

詳しく見る

婚姻費用を約半額、慰謝料及び財産分与の請求を約10分の1に減額!

ご相談者様は、不貞行為を行ってしまい、突然妻が出て行かれてしまいました。そして、弁護士名義で600万円の慰謝料請求が届くとともに、婚姻費用を12万円も請求されました。また、ご相談者様が会社を経営していたことから、会社の資産も含めて数百万円の財産分与をするように請求されました。

詳しく見る

相手の請求額の半額以下に減額。3回の調停で離婚成立へ。

ご相談者様は、離婚を希望されていましたが、相手方から不貞行為を疑われ、慰謝料を含め400万円以上の請求をされてしまいました。加えて、相手方から婚姻費用の請求もされてしまい、離婚交渉が長期化する恐れがありました。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする