03-6709-0888 お問い合わせ

解決事例 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

解決事例画像

解決事例詳細

慎重な検証の上、2回の調停で慰謝料の一部を取り返しへ

ご相談前

ご相談者様は、暴力行為を受けたとして相手方から慰謝料を請求されました。ご相談者様は、パニック状態になってしまい、相手の言われるがままに300万円を支払いましたが、追加でさらに250万円もの金額を請求されている状況でした。

ご相談後

その時の状況を慎重に検証し、改めて妥当な金額を算定し直した上で、2回の調停で和解が成立しました。当時は冷静になれずに支払ってしまった慰謝料の一部を取り返すことができました。

弁護士からのコメント

問題が発覚した際に、当事者間の交渉で過大な慰謝料額の合意をしてしまったり、それに基づいて支払ってしまったりということはあります。それを後から覆したり、取り返すことは簡単なことではありません。本件では、状況を冷静に見つめ直し、ご依頼者様も相応の覚悟ができたことで、妥当な解決に繋がったのではないかと思います。

その他の解決事例

相手からの離婚拒否を乗り越え、離婚成立へ。

妻とは別居して相当期間経過していたが、妻から会社の同僚との不貞行為を疑われ、同僚に対して慰謝料請求が来てしまいました。ご相談者様は離婚を希望されていましたが、ご自身で離婚調停を行っても相手は全く離婚に応じず、むしろ有責配偶者の主張をされ、離婚の道筋も見えない状況でした。

詳しく見る

離婚後の相手の状況を見極め、養育費の減額と過払い分の返還へ。

ご相談者様は、離婚され、公正証書により養育費を定められていましたが、元妻側が再婚し、子どもが再婚相手と養子縁組をしていることが判明しました。そのため、養育費の減額を希望されていました。

詳しく見る

不貞行為をしてしまったが、納得の解決へ。

ご相談者様は、不貞行為をしたとして、妻と別居してしまい、婚姻費用を請求されていました。ご相談者様は離婚を希望されていましたが、当初、妻側は離婚に応じるつもりはなく、幼い子供もいたため、離婚が難しい状況でした。加えて、相手方名義のお金が多額にあったものの、不貞行為をした相手にお金を支払うことにはかなり抵抗が大きく、財産分与の交渉も難航しました。

詳しく見る

相手の請求額の半額以下に減額。3回の調停で離婚成立へ。

ご相談者様は、離婚を希望されていましたが、相手方から不貞行為を疑われ、慰謝料を含め400万円以上の請求をされてしまいました。加えて、相手方から婚姻費用の請求もされてしまい、離婚交渉が長期化する恐れがありました。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする