03-6709-0888 お問い合わせ

解決事例 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

相談票のダウンロード
解決事例画像

解決事例詳細

有責配偶者になってしまったが、調停開始後半年で離婚成立へ。

ご相談前

ご相談者様は、配偶者に不貞行為が発覚してしまい、強く責められてしまって、精神的に追い込まれてしまいました。有責配偶者にあたってしまったことで、離婚が認められるための高いハードルとなってしまい、今後どうすればよいのかわからない状態でした。

ご相談後

ご相談を伺い、離婚を希望されるということだったので、離婚調停を申し立てました。そして、わずか2回の調停でほぼ離婚することでまとまり、最終的にはご相談から半年以内に希望する条件で離婚を成立させることができました。

弁護士からのコメント

有責配偶者となってしまった場合、法律上離婚が認められるための高いハードルが課せられてしまいますが、離婚をしたいという強い意志があれば、決して離婚することが不可能というわけではありません。本件では、運が良かった点もありましたが、ご本人の強い意志があれば、運を引き込んで、有責配偶者でも早期に離婚を成立させることが十分に可能です。

その他の解決事例

当事者同士で行き詰まっていた調停を、無事解決へ。

ご相談者様は、夫との離婚を希望して、自ら離婚調停を申し立てていましたが、相手方の主張が不明確で、かつ、何度も従来の主張の変更を行うので、話し合いが進まないまま1年以上調停が継続し、相手方は1円も支払う意思がない状況でした。そのため、離婚成立のために大幅に譲歩しなければなりかねない状況でした。

詳しく見る

根気強さが勝敗の鍵

ご相談者様は、長年、相手方と仲が悪く、耐え切れずに別居を開始しました。ところが、相手方は、離婚に応じる代わりに1000万円以上の慰謝料と算定表以上の養育費を請求し、ご相談者様は困り切っていました。また、子供とも会わせてもらうことができず、困り果てていました。

詳しく見る

丁寧な立証により、養育費を適正額に減額

ご相談者様(50代男性)は、離婚後、調停により決められた養育費を支払っていましたが、心身の不調から仕事を継続することが難しくなり、年収が大幅に減少してしまったため、養育費の支払いが困難な状況になってしまいました。

詳しく見る

離婚済だと聞いていた人と関係を持ったが、請求額の約半額で和解へ。

ご相談者様は、相手の男性から「離婚した」と聞いていたため、お付き合いを始めていましたが、実際には離婚しておらず、男性の妻から慰謝料請求をされてしまいました。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする