03-6709-0888 お問い合わせ

解決事例 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

解決事例画像

解決事例詳細

証拠収集からアドバイスして、200万円の慰謝料を認める判決を獲得!

ご相談前

ご相談者様は、ご主人の不貞相手の女性に対し慰謝料請求を求めたいと思い、当事務所にご相談にいらっしゃいました。まだ確実な証拠は有しておらず、疑惑の段階にすぎませんでした。また、相手方に請求しても支払能力があるか不透明でした。

ご相談後

まず、証拠の収集方法についてアドバイスさせていただき、無事に証拠を確保することができました。また、ご相談者様のお気持ちを丁寧にヒアリングし、その後に相手方に対する請求から、訴訟による請求まで持ち込みました。その結果、第一審で相場以上の220万円の判決をとることができました。その後、控訴審で粘り強く対処し、最終的に150万円で和解し、無事に回収することもできました。

弁護士からのコメント

証拠の収集段階からアドバイスさせていただき、無事に最終解決まで至った事案です。うまく証拠を確保できるか、確保できたとしても判決で十分な金額が認められるか、判決で認められたとしても、相手方が支払能力に乏しく、きちんと回収できるかが不透明な点もありましたが、ご依頼者様と丁寧に方針を確認した結果、無事に全額回収することができました。

その他の解決事例

離婚済だと聞いていた人と関係を持ったが、請求額の約半額で和解へ。

ご相談者様は、相手の男性から「離婚した」と聞いていたため、お付き合いを始めていましたが、実際には離婚しておらず、男性の妻から慰謝料請求をされてしまいました。

詳しく見る

養育費、財産分与の問題を一括解決!

ご相談者様(30代男性)は、不貞行為をしてしまい、相手方から離婚を突きつけられて離婚してしまいました。離婚の際に夫婦生活で負っていた多額の債務があり、債務超過に陥っていましたが、債務はご相談者様に押しつけられ、逆に残っていた資産は全て相手方に持ち出された状況で、相手方から養育費請求の調停が起こされ、途方に暮れていました。

詳しく見る

有責配偶者になってしまったが、調停開始後半年で離婚成立へ。

ご相談者様は、配偶者に不貞行為が発覚してしまい、強く責められてしまって、精神的に追い込まれてしまいました。有責配偶者にあたってしまったことで、離婚が認められるための高いハードルとなってしまい、今後どうすればよいのかわからない状態でした。

詳しく見る

相手の請求額の半額以下に減額。3回の調停で離婚成立へ。

ご相談者様は、離婚を希望されていましたが、相手方から不貞行為を疑われ、慰謝料を含め400万円以上の請求をされてしまいました。加えて、相手方から婚姻費用の請求もされてしまい、離婚交渉が長期化する恐れがありました。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする