03-6709-0888 お問い合わせ

不倫(不貞行為) | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

不倫(不貞行為)画像

悩み別

不倫(不貞行為)・慰謝料

不倫(不貞行為)

不倫(不貞行為)とは

結婚している男女が、自分の妻(又は夫)以外の人間と肉体関係を持ったとき、不倫された妻(又は夫)は、慰謝料を請求することができます。法律上は、いわゆる不倫のことを「不貞行為」といいます。
不貞行為をされた妻(又は夫)が、慰謝料を請求できるのは、不貞行為をした夫(又は妻。これを「不貞配偶者」といいます。)と、その第三者である女性(又は男性)です。
法律上、両者は「共同不法行為」という関係にあり、例えば、慰謝料が200万円だとすると、不貞行為をされた妻(又は夫)は、不貞配偶者に対しても、第三者に対しても200万円全額を請求することができます。100万円ずつしか請求できないわけではありません。
ただし、どちらからか200万円支払ってもらったら、他方に対しては慰謝料を請求することはできなくなります。また、例えば、不貞配偶者から150万円支払ってもらったら、第三者に対しては残り50万円だけ請求できることになります。

不貞行為の慰謝料の金額は?

不貞行為の慰謝料の金額は、一般的には100~300万円程度だと言われていますが、不貞行為の頻度や期間、婚姻期間、子の有無などによってかなりばらつきがあります。
また、慰謝料は、例えば治療費や車などの修理費などとは異なり、はっきりと「この金額」と決まってはいません。慰謝料は、不貞行為をされた妻(又は夫)が受けた精神的苦痛を回復するためのものであり、その金額がいくらかというのは、担当裁判官によるところが大きくなります。
ただ、近年の裁判所の判断の傾向はありますので、当事務所にご相談下さい。

不貞行為を疑ったら

自分の夫(又は妻)が、不貞行為をしているかもしれないと感じても、何もない状況だと相手にしらを切られる可能性があります。したがって、ある程度証拠を集めてから、問い詰めた方が効果的です。
もっとも、証拠を集めるといっても、いきなり探偵に依頼することまで必要かどうかは、検討が必要です。私が担当した案件でも、自ら収集したメールや写真などで、若干不十分ではあったものの、相手が自白してくれたことはよく経験します。
探偵に依頼すると、相応の費用がかかりますので、今手持ちの証拠でどこまで認められる可能性があるか、ということは、事前に当事務所にご相談下さい。

不貞行為をしてしまったら

逆に、自分が不貞行為で相手から追及された場合(これは、自分の妻(又は)夫から請求された場合も、自分の不貞相手の妻(又は夫)から請求された場合も含みます。)は、すぐにその場で回答することはせず、一度弁護士にご相談下さい。例えば、人と食事に行っただけでも不貞行為だと主張されることもありますし、仮に不貞の事実が真実であったとしても、慰謝料が相場よりもかなり高額な金額を請求されることもよくあります。一度認めてしまったり、合意をしてしまうと、後から覆すのが困難になりますので、できるだけ即答せずに、いったん検討してみることが必要です。特に、相手方が弁護士に依頼して請求してきた場合に、パニックに陥ってしまって、よくわからないまま相手の言うことを認めてしまう、というケースもありますが、一度当事務所にご相談下さい。
不貞行為をしてしまったという負い目から、なかなか弁護士に相談に行けないという方もいらっしゃいますが、償うべきことを償うことと、相手の要求を全て飲むことは異なります。
本当に支払う必要があるのか、金額は妥当なのか、支払方法をどうすべきかなど、法的にも、紛争解決にも妥当な解決を探るためのお手伝いを、当事務所にお任せ下さい。

慰謝料(不貞行為以外)

また、慰謝料を請求できるのは、不貞行為だけに限りません。身体的な暴力を受けた場合はもちろん、暴言や高圧的な態度などの精神的暴力、思いやりのなさ、育児に非協力的であったこと、浪費、借金問題、夫(又は妻)の実父母の一方的な言い分を信じて、妻(又は夫)に対して配慮しないなど、様々なケースで慰謝料が認められています。
上記に挙げた理由のときに、全ての場合において慰謝料が認められるわけではありませんが、果たして自分のケースで慰謝料が認められるかどうか、金額としてはいくらくらいになりそうかというのは、当事務所にご相談下さい。

弁護士に依頼するメリット

慰謝料請求事件において、弁護士に依頼するメリットは、以下のとおりです。

① 法的に正しい解決に導くことができる
不貞行為などで慰謝料を請求する場合も、慰謝料を請求される場合も、どちらの立場であったとしても、弁護士に依頼することで、法的に正しい結論に向かって進むことができます。
弁護士に依頼しなかったばかりに、不当に低い金額で合意させられた、又は不当に高い金額を支払わされたというケースはよくあります。そのようにならないためにも、当事務所にご相談下さい。
② 精神的負担が軽くなる
慰謝料を請求する場合も、慰謝料を請求される場合も、どちらの立場であったとしても、慰謝料請求の紛争に巻き込まれることは、大変な精神的ストレスになります。交渉している間でも、お互い感情的になるなどして、とても辛い状況になることはよくありますし、精神的ストレスで食事もろくに取れなくなる方もいらっしゃいます。
そこで、弁護士に依頼すれば、弁護士が本人に代わって交渉を行うことになりますので、それだけでも精神的ストレスはかなり軽減されます。また、解決に向かって進んでいれば、段々と心も軽くなっていきます。
そのためにも、当事務所にお任せ下さい。
③ 納得のいく解決ができる
紛争においては、自分が100%望んでいる解決ができるとは限りません。当初考えていたものから、少し違った解決になることもあります。そのようなときに、「あのとき、こうしてたら違った結論になったのだろうか。」と考えてしまうこともあります。
しかし、弁護士に依頼して、可能な限り法的に正しい主張を行った結果であれば、できる限りのことを行ったということで、納得できることもあります。
当事務所は、「依頼者様の納得」を重視しています。納得のいく解決ができるようにするために、当事務所にお任せ下さい。

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする