03-6709-0888 お問い合わせ

慰謝料請求をしたい | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

慰謝料請求をしたい画像

状況別

慰謝料請求をしたい

相手に請求する前に当事務所にご相談を!

不貞行為などが発覚して、自分の夫又は妻や、不貞関係を持った第三者に慰謝料を請求したいと考えたとき、いきなり相手に突きつけるのではなく、一度当事務所にご相談下さい。
なぜなら、今お持ちの証拠が不十分である可能性があるからです。やはり、最近、発覚するきっかけに多いのが、メールやSNSなど、自分の夫又は妻と、不貞関係を持った第三者との文字でのやりとりが多いです。本人から見れば、それを見れば不貞行為をしていることは明らかだと思われるかもしれません。
しかし、単に仲がいいだけのメールや、肉体関係を持っていることをうかがわせる内容ではあるものの、はっきりとしたことは書いていないというケースがよくあります。相手が完全に否定してしまうと、裁判ではその証拠だけでは不十分だということになる可能性があります。
相手にすぐ突きつけてしまうと、不十分な証拠しかないのに、相手に警戒されてしまって、それ以上の証拠が取れないことがあります。相手に突きつけるのは慎重になって、一度当事務所にご相談下さい。

探偵に頼んだ方がいいか?

不貞行為が疑われるが、決定的な証拠がない場合、探偵業者に依頼するということも考えられます。しかし、一度立ち止まって考えて下さい。
探偵にかかる費用も、少なくありません。数十万円かかるケースもあります。しかも、浮気を行う日をあらかじめ掴んでいるならともかく、そうでないと余計な人件費がかかってしまうことがあります。そして、近年裁判所の傾向としては、慰謝料はそれほど高額な金額が取れないケースもあります。そうすると、探偵に依頼したのはいいが、慰謝料も低額になってしまって、結局プラスマイナスゼロだった、ということもあります。むしろ、プラスマイナスゼロならまだよくて、場合によっては赤字になってしまう可能性もあります。
もちろん、探偵業者を利用して動かぬ証拠を掴めれば、強力な武器にはなるのですが、他方、損をしてしまう可能性もありますので、依頼する前に、一度当事務所にご相談下さい。

慰謝料を請求する際の流れ

不貞行為の証拠もつかみ、いよいよ相手に請求する際は、ご依頼者様とご相談の上、慰謝料を請求することになります。通常、いきなり訴訟を提起するのではなく、訴訟外での示談交渉を行います。それで、相手方との交渉が決裂したら、訴訟を行うことになります。
また、自分の夫又は妻に対して請求する場合は、併せて離婚も請求するかどうかも検討します。不貞行為が発覚したからといって、必ず離婚しなければならないわけではありませんので、その点はご相談させていただきながら進めさせていただきます。

弁護士に依頼するメリット

慰謝料請求事件において、弁護士に依頼するメリットは、以下のとおりです。

① 法的に正しい解決に導くことができる
不貞行為などで慰謝料を請求する場合、弁護士に依頼することで、法的に正しい結論に向かって進むことができます。
弁護士に依頼しなかったばかりに、不当に低い金額で合意させられたというケースはよくあります。そのようにならないためにも、当事務所にご相談下さい。
② 精神的負担が軽くなる
慰謝料を請求することは、ご本人にとって大変な精神的ストレスになります。交渉している間でも、お互い感情的になるなどして、とても辛い状況になることはよくありますし、精神的ストレスで食事もろくに取れなくなる方もいらっしゃいます。
そこで、弁護士に依頼すれば、弁護士が本人に代わって交渉を行うことになりますので、それだけでも精神的ストレスはかなり軽減されます。また、解決に向かって進んでいれば、段々と心も軽くなっていきます。
そのためにも、当事務所にお任せ下さい。
③ 納得のいく解決ができる
紛争においては、自分が100%望んでいる解決ができるとは限りません。当初考えていたものから、少し違った解決になることもあります。そのようなときに、「あのとき、こうしてたら違った結論になったのだろうか。」と考えてしまうこともあります。
しかし、弁護士に依頼して、可能な限り法的に正しい主張を行った結果であれば、できる限りのことを行ったということで、納得できることもあります。
当事務所は、「依頼者様の納得」を重視しています。納得のいく解決ができるようにするために、当事務所にお任せ下さい。

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする