03-6709-0888 お問い合わせ

解決事例 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

解決事例画像

解決事例詳細

長期間に及ぶ紛争も粘り強く解決。

ご相談前

ご相談者様は、夫婦間のトラブルから体調を崩し、すでに別居済でしたが、別居から半年たっても体調が治る見込みがなく、夫婦関係も良くはならなかったため、婚姻を解消したいというご希望で来所されました。また、相手方から提示された条件は、養育費・慰謝料とも高額で、子との面会も当面認めないという厳しい条件でした。

ご相談後

当初は交渉で始めましたが、条件の乖離が大きかったため調停を申し立てました。調停でも相手方との対立は激しく、粘り強く主張した結果、納得のいく審判を得ることができました。また、時間はかかりましたが、ご依頼者様の納得のいく条件で無事和解によって離婚を成立させることができました。さらに、長らく絶えてしまっていたお子様達との面会交流についても、長期間粘り強く必要な主張を行った結果、実現できました。

弁護士からのコメント

時間はかかりましたが、最終的には解決まで行くことができました。長期間かかる事件においては、途中でご本人がくじけそうになってしまうこともあります。途中で諦めることなく、弁護士と二人三脚で、最後までともに戦っていくためには、弁護士との相性も重要です。最後まで諦めることなく解決に至ったことは大変嬉しく思います。

その他の解決事例

調停不成立後に、示談で粘り勝ち!

ご相談者様は、妻に不貞行為を疑われ、当初は当事者間の話し合いで60万円を財産分与として妻からご相談者様に支払うという約束をしていたにもかかわらず、その後相手方に弁護士がつき、慰謝料として200万円請求されました。ご相談者様は離婚を希望されていましたが、相手方弁護士が金銭交渉のために離婚を拒否するという態度に出ていました。

詳しく見る

離婚済だと聞いていた人と関係を持ったが、請求額の約半額で和解へ。

ご相談者様は、相手の男性から「離婚した」と聞いていたため、お付き合いを始めていましたが、実際には離婚しておらず、男性の妻から慰謝料請求をされてしまいました。

詳しく見る

有責配偶者になってしまったが、調停開始後半年で離婚成立へ。

ご相談者様は、配偶者に不貞行為が発覚してしまい、強く責められてしまって、精神的に追い込まれてしまいました。有責配偶者にあたってしまったことで、離婚が認められるための高いハードルとなってしまい、今後どうすればよいのかわからない状態でした。

詳しく見る

慎重な検証の上、2回の調停で慰謝料の一部を取り返しへ

ご相談者様は、暴力行為を受けたとして相手方から慰謝料を請求されました。ご相談者様は、パニック状態になってしまい、相手の言われるがままに300万円を支払いましたが、追加でさらに250万円もの金額を請求されている状況でした。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする