03-6709-0888 お問い合わせ

親権 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

親権画像

基礎知識

子どもに関すること

親権

「親権」には、①子どもの身の回りの世話や教育を行うことと、②子どもの財産を管理することという2つの意味が含まれています。①のことを特に「監護権」ということもあります。
親は、未成年の子どもに対し、親権を持っていますが、離婚する際には親権者をどちらか一方に定めなければなりません。まずは、どちらが親権者になるかを当事者で協議することになります。
当事者間で合意ができない場合は、家庭裁判所で決めることになります。現在の家庭裁判所の運用では、母性優先の原則、監護の継続性の原則、子どもの意思尊重の原則、きょうだい不分離の原則という4つの原則を元に、判断されることが多くあります。これらの原則の詳しい内容については、こちらをご覧下さい。

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする