03-6709-0888 お問い合わせ

解決事例 | 池袋の離婚弁護士

池袋駅より徒歩5分の好アクセス

解決事例画像

解決事例詳細

ご希望通りの解決金で、拒否されていた離婚を7ヶ月で成立。

ご相談前

ご相談者様は、相手方から不貞行為を疑われ、離婚を拒否されていました。別居して1年ほど経過していましたが、なかなか離婚が成立せず、相手方に弁護士がついて婚姻費用を請求されることになってしまいました。

ご相談後

こちらから離婚調停を申し立て、7か月程度で最終的には離婚が成立しました。離婚の際の解決金も、相手方は不貞慰謝料なども請求していましたが、最終的にはご希望通り婚姻費用も含めて100万円以下で解決することができました。

弁護士からのコメント

相手方が離婚を望まないと、離婚することに長期間時間がかかることも珍しくありません。また、不貞が疑われると、離婚できたとしても高額な解決金を支払うことになりかねません。その点で、ご希望通りの解決金で無事離婚を成立させることができたのは良かったと思います。

その他の解決事例

調停不成立後に、示談で粘り勝ち!

ご相談者様は、妻に不貞行為を疑われ、当初は当事者間の話し合いで60万円を財産分与として妻からご相談者様に支払うという約束をしていたにもかかわらず、その後相手方に弁護士がつき、慰謝料として200万円請求されました。ご相談者様は離婚を希望されていましたが、相手方弁護士が金銭交渉のために離婚を拒否するという態度に出ていました。

詳しく見る

不貞慰謝料の負担を100分の1に

ご依頼者様は、結婚している人と不倫関係になってしまい、不倫された配偶者から慰謝料請求されていました。訴訟が提起されてしまった後にご相談に来られました。 請求額は200万円を超えるものでした。 かなり精神的に参ってしまっているようでした。

詳しく見る

婚姻費用を約半額、慰謝料及び財産分与の請求を約10分の1に減額!

ご相談者様は、不貞行為を行ってしまい、突然妻が出て行かれてしまいました。そして、弁護士名義で600万円の慰謝料請求が届くとともに、婚姻費用を12万円も請求されました。また、ご相談者様が会社を経営していたことから、会社の資産も含めて数百万円の財産分与をするように請求されました。

詳しく見る

示談交渉により慰謝料を5分の1に減額!

ご相談者様は、妻帯者である男性と1度限りの過ちを犯してしまいました。 相手方の弁護士から300万円も請求され、途方に暮れておられました。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

03-0000-0000 24時間受付中、メールで相談予約をする